ファイブエレメント アプリ

Share this Article

Share on facebook
Share on twitter
Share on telegram
Share on email

ファイブエレメント アプリ

五行(ファイブエレメント)のプラクティスは肉体の強化、主要な五つの内臓とそれぞれの内臓と関係のある感情のバランスをとることに特化したプラクティスです。内臓は外側の機能とは別に、脳のエネルギーを貯めているバッテリー貯蔵庫のような役割を果たし、日中に身体を動かす為に脳が働くのに使うエネルギーを貯蔵しています。寝ている間に内臓は充電され次の日に備える準備がなされます。

人間は一つの感情を他の感情よりも多く使うと、その感情と相互作用する内臓が早く枯渇し、他の内臓もその枯渇した内臓を追いかける形になります。その他に私達のマインドの状態、何を思い、どんな事を考えるか、も肉体や内臓に影響を与えます。さらに言える事は、ポジティブな考え方でいれば、エネルギーの流れが建設的なものになり肉体が使えるものになりますが、ネガティブな考え方はディストラクティブエナジーフロウ(破壊するようなエネルギーの流れ)が身体の中で作られます。

タオイストの伝統はそれぞれ異なる手法を利用し、それぞれに特定の意図と目的があります。クンルンシステムで教わる立行は、肉体の強化、武術、そして地球にエナジーをグラウンディングさせるのに役立つものになります。

もし身体が弱かったり、足に問題があったりして立つ事が難しい場合は、木製の椅子の端に座り、足の裏を地面にぴったりとつけ、足の幅は肩幅に開き、腕だけは五行の形をとってプラクティスをすることもできます。

プラクティスの内容の理解を深めるために、クンルンシステムの本のチャプター11を読むことを強くお勧めいたします。(本のURL)アプリはプラクティス中に時間を計る際に役に立ちます。

最初は3分づつから初めて、5分、7分、9分、12分と少しづつ、一つのポジションをとる時間を増やしていきましょう。7分づつやり始めると、深い体験をし始めます。1ポーズ7分以下と言うのは身体とマインドの準備をしている段階ですが、伝統的には生徒は7分づつから始めていきます。

アプリはアップルストアまたはグーグルプレイストアよりダウンロードすることができます。